萌え。それは新たなPygmalionism

2011年12月09日

前回つらつらと書いた私の想いは創作物の登場人物や彼らの創造主(作者)にも当てはまるかもしれません。

ゲームやアニメ、小説などのキャラは幻想、理想の塊であっていいと思うのですが
彼・彼女たちの個性を視聴者、読者に向けて発信し、魅力をより際立たせるためにもキャラクターたちの装飾品、特に衣服は本当に重要です。
それはイメージヴィジュアルのある者なら尚更。

仕事の方向や得意分野が違いますから漫画家やイラストレーターも服飾のプロであれ、とは言いませんが
依頼を受けて商売しているのなら、アパレルの方々と同じくプロフェッショナルの技術、知識ってやつを見せてほしいです。

例えば、漫画の教則本等に書いてある「衣服を着た時の布の流れ(シワのでき方)」。
大本の部分は理解していたとしても、どういう縫製の服を着させて、どんな姿勢を取らせたらシワがどのように変化するか。
巫女服とドレス、ひだスカートではそれぞれ布の縫い合わせやシルエットは全く違うものになります。
素材による質感、裁断・縫製の違いで生じる布の流れ。
それらを描き分けられる人ってどれぐらいいるのでしょう。
いえ、描き分けができてこそプロだと思うのですが、そこまで高い意識を持った人がどれぐらいいるものなのか。

先にイメージヴィジュアルなんて言葉を出しましたが、作品の受け取り手の感情移入を手伝うために、
また、ある時には表現の受け手に対して挑戦し、惹き付けるためなら技術はあった方が良いと断言します。

このページのトップに戻る

ノット・サティスファイド~誰がために身に纏う

2011年12月01日

森ガールスタイルが大衆化し流行も落ち着き、登山ブームに伴った山ガール(タウンカジュアルとアウトドアスタイルを取り入れたもの)が台頭し、
そして今度はOjiガール(おじさんのようなくたびれ感・野暮ったさのあるトラッドスタイルのアレンジ)ですか。
欧米ではバッドガールなんてのもありますし、もうとりあえず「ガール」ってつけておけばいいんじゃね?みたいにさえ思えてきますな。

ザ・ストリートスタイル

今回はおしゃれとは対極にいる夜明さんが生意気にもオシャンティー語りしてしまいます。

このページのトップに戻る

「今からてめーの春を殺すからだ」~漫画読み第21回『男子高校生の日常』

2011年11月28日

女の子が主役の日常描写系漫画のレヴューが続いて
「ああ、夜明もやっぱり日和見の方向に行ってしもうたか」と思ってしまった方。
ご安心ください、大丈夫です。
本来の自分、忘れてませんから!


 漫画読み 第21回
 『男子高校生の日常』 山内泰延


男子高校生の日常 1 (ガンガンコミックスONLINE)

このページのトップに戻る

  1. 前のページへ
  2. トップページに戻る
  3. 次のページへ