トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  漫画  >  キミと私は一心同体だ!~『武装錬金』

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

キミと私は一心同体だ!~『武装錬金』

2007年09月13日


武装錬金のアニメを放送中に最後まで見られなかったので漫画で読んできました。

主役2人がことあるごとに「カズキ!」「斗貴子さん!」とお互いを呼び合うラブラブバカップルなノリはすごく好きだったんですよねー。
脇役たちもいい味出してた。

カズキの単純さ、斗貴子さんの熱さ、蝶野のセンス…いやあ、いい和月でした。
前作『GUN BLAZE WEST』では単行本第1巻の表紙に、パッとしない少年&マカロニウェスタンなヒゲのおっさんというイラストを描いてしまった時には
和月先生は一体どこへ行こうとしているのかと心配していましたが当時はどうやら意識を失っていただけのようでした。

話を戻して再殺部隊編~最終巻までを読んできましたが
ヒトではない身体になってもなお斗貴子さんを始めとする大事な人たちを守るために闘うカズキと、カズキに一心同体の誓いを改めて

立てる斗貴子さん、斗貴子さんの幸せのために身を引く豪太の三角関係に胸が熱くなりましたよ。
あと蝶野のあまのじゃくさ。

加筆分の武装錬金アフターではみんなが仲の良い世界で…やっぱりウルウルきたりして。

物語後期になるほど設定やデザインがやっつけ仕事になった感が否めないのは残念ではありますが
久しぶりに王道の少年漫画を読ませてもらいました。

あと「ニアデスハピネス」だの「再殺部隊」だの作者の筋肉少女帯好きもかいま見れて個人的に非常にニヤニヤさせてもらってました。

でも読み切り作品の『エンバーミング』を月ジャンの後継誌・ジャンプSQで連載化するのは正直、微妙ではないかと…。
穴埋め?

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。