トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  漫画  >  謎は既に舌の上~『魔人探偵 脳噛ネウロ』

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

謎は既に舌の上~『魔人探偵 脳噛ネウロ』

2008年02月12日

関西ではようやくアニメが放送開始された『魔人探偵 脳噛ネウロ』。

父親の不可解な死に疑問を抱きながら絶望していた女子高生・桂木弥子(かつらぎやこ)の前に突如現れた魔界の住人・脳噛(のうがみ)ネウロ。
 魔界の『謎』を喰い尽くしたという彼は、弥子を傀儡として探偵役を演じさせ、地上の『謎』を喰う…。

なかなか興味深い粗筋と「脳噛」という見慣れない組み合わせの二文字。
随分前に期待を胸に読んだ時の原作第1巻の印象は「絵が下手くそ過ぎる…」でした。
「ボのいっぱいつく漫画」の人の元アシスタントだけあって、ね。

しかし実はこの作品、不思議な魅力を秘めているようなんです。
探偵漫画の体裁を借りた娯楽漫画という触れ込みのこの作品が下手だと言われる要因は、遠近法やデッサンを無視した構図や超現実主義的・風刺的なカット。
しかしそれは『食』と『謎』をキィ・ワードとする娯楽漫画ゆえの演出。

タイトルの妖しさこそあるも、悪意に対する(暴力の根底にある相対的な)正義を描いている点ではこれも立派な少年漫画です。

設定から登場人物から何から何まで荒唐無稽なこの漫画が作品として成り立つ理由は、破綻しているから。
人としての何かが破綻した人物たちによる犯罪。
罪が露呈した際の視覚的豹変。
更には人間の理屈の通らない魔人たるネウロにこそ成し得る絶対的暴力による制裁。

圧倒的な力を持つネウロに対して、主人公である弥子はあまりにも無力。
ソファに投げ飛ばされ、プロレス技をかけられ、便所雑巾扱いをされては気紛れなワガママに付き合わされます。
傲慢不遜のドS魔人と女子高生という、文字にすると何とも淫靡な関係には毎回心がワッサワッサしてしまいます。

魔人様のパートナーを男子高生にしなかったのはヴィジュアル的な可笑しさではなく
作品に背徳のエッセンスを持たせるため…というのは邪推でしょうか。

探偵漫画で超重要なトリックやアリバイなどただの飾りです。
正直者にはそれが分からんのです。
だってこれギャグ漫画だから。

癖字の作者が描く擬音「ゴシャァン」が「ゴシカァン」、「クシャッ」が「クシカツ」と見えるのもまた秀逸。
「ぇはん」という断末魔もありました。
擬音の厄い感じは週刊チャンピオンで連載されていた『涅槃姫みどろ』とタメを張れるのではないかと。

こんな作品が少年漫画誌に云々を差し引いても癖がありすぎるため、万人受けはしにくい作品です。

ちなみにアニメ版はシチュエーションや脚本が原作と違います。
(原作の爆弾魔事件には関わってこない人物がアニメ版では登場している、犯人に手錠をかける人物が違う…等々)
深夜30分枠の宿命かしら。
生温く見守るとしましょう。


備考
ネウロは子安。
備考2
弥子の貧乳度が原作以上にアップ。

魔人探偵脳噛ネウロ (1) (ジャンプ・コミックス)

このページのトップに戻る

コメント

鬼太郎見てますよ~。
絵のタッチが水木先生のに近づけているのが良いですね。
君にメロメロメロロンは脳内汚染されます(笑)

コメントの編集

墓場鬼太郎は見てる?

コメントの編集

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。