FC2ブログ

トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  漫画  >  「今からてめーの春を殺すからだ」~漫画読み第21回『男子高校生の日常』

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

「今からてめーの春を殺すからだ」~漫画読み第21回『男子高校生の日常』

2011年11月28日

女の子が主役の日常描写系漫画のレヴューが続いて
「ああ、夜明もやっぱり日和見の方向に行ってしもうたか」と思ってしまった方。
ご安心ください、大丈夫です。
本来の自分、忘れてませんから!


 漫画読み 第21回
 『男子高校生の日常』 山内泰延


男子高校生の日常 1 (ガンガンコミックスONLINE)

男子高校生=男の高校生。女子高生と対をなすもの。創作物などでは一部抜きん出た能力を持つ者が輩出されるが、基本的には「その他大勢」程度の役割でしかない。

主役に据えればロックバンド、ジャズ、空手、書道、改造人間、何をさせても経済効果が生まれてしまう人気者・女子高生に比べ
バトルものかスポーツものにしか使い道の無く「なんで生きてんのかわからない」男子高校生どもが、最近ハヤリの「ユルい日常」漫画の主役だなんて!
勇気と無謀は違うんだぜ、ボーイ?

青年誌や少年誌によくある「よくわかんないけどいきなり可愛い女の子たちとハーレム」とか「強さとは何か?!(とりあえず体を鍛える→友と拳を交える→自問自答のルーチンワーク)」みたいな要素は無く
明らかに「その他大勢」である彼らの「日常」なんて生産性の欠片も無いものを描写してどうすんだか。

彼らのやることと言えば、友人の妹の制服を部屋から拝借して着用して遊んで見つかってみたり(そこで妹から「どうした?続けろ」という鬼の一言)
女の子と歩いているクラスメイトを発見、捕捉。ラブシーンへの発展を阻止しようと画策したり(道を聞かれていただけと発覚)
河原でたまたま出会った女子高生と中二病テイストのラノベ的会話をしてみたり(途中で相手の中二病ぶりに敗北)
響くものどころか、打つものすら皆無の「その他大勢の日常」、ここに極まれり。
とにかくグダグダと、でもたまに全力でアホな遊びに興じる姿には悲哀と同時に一種の清々しささえ覚える。

繰り返しになるけれども、恋愛やスポーツ、あるいはコンプレックスの塊としての「男子高校生」に頼り切っていない、あくまで普通の男子高校生を主役に持ってきたところが、逆に真新しさを感じます。
一部、「クラスメイト」「友人」である以前に、小学校時代に遡るほどの因縁あるキャラクターたちがいたり、調味料的な面白さもそこかしこ。


それにしてもこの男子高校生ども、ノリノリである。



 評価
画 ★★★☆☆
青 ★★☆☆☆ 
恥 ★★★☆☆
風 ★★★★★
総 ★★★★☆

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。