トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  漫画  >  天然なのか小悪魔なのか。 ~漫画読み第20回『今日のあすかショー』

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

天然なのか小悪魔なのか。 ~漫画読み第20回『今日のあすかショー』

2011年11月18日

前回の『シンプルノットローファー』に引き続き、女の子の日常素描モノはなかなか好きなジャンルなのです。
しかし極端にエロかったり、ダラダラ(良く言えば、ゆるゆる、まったり?)して
ターゲッティングががピンポイントすぎるとちょっと引いたりしてしまうのですが
これは本当に良い塩梅。


 漫画読み 第20回
 『今日のあすかショー』 モリタイシ


今日のあすかショー 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

主人公は好奇心旺盛な15歳(中学3年生)、京野あすか。
設定としてはごくごく普通のあすかちゃん、その「好奇心」の旺盛さと性格がかなりの曲者!

第1話のバス停で背負ったボストンバッグでスカートの裾を引っ掛けておしり(※ちゃんとはいてます)丸見えにしてしまうし、それを他のバス待ち客に指摘されて、怒ったり恥ずかしがるどころか
「すみません、わざとじゃないんですよ」
「わたしのおしりが見えてしまっていたことで、不快な思いをさせてしまいましたか?」
と、逆に周りを気遣ってしまう始末。
さらに第4話でTVの浜辺の盗撮犯のニュースからどんどん想像を膨らませて
「水がある状況だったら水着を着ても恥ずかしくないかも!」と、台風の日にスク水で出歩いてしまう奇行…いや、天然ぶり!
彼女、ただの「天然ちゃん」で片付けるにしても論理的な部分も見受けられるし
ともすれば変態やフェチとも取れるエロさも一周回って、爽やかに感じられるから不思議だ。

第21話(2巻収録)では、あすかを「ちょっと変わった風に」慕う後輩、麻央ちゃんも登場して
あすかショーはさらにヒートアップ!(見てる側が勝手に)
麻央ちゃんのアタックに振り回されつつも、満更でもない様子なのも穏やかな気持ちにさせてくれます。

作者のモリタイシ氏がアイドル好きで、あすかのモデルがグラビアアイドルの仲村みう女史ということから
登場人物たちに感情移入して描かれている風ではない、見えない壁を一枚隔てて接しているように
どこか距離のある描かれ方をされているんですよね。
ステージにいるアイドルと客席のファンが、一体感を伴いながらも禁忌のラインは敷かれている、あの感じに近いかも。

狙い過ぎでない、登場人物と読者との間にきちんと距離が保たれた、正しい『観察型萌え』の形。


  評価
 描 ★★★☆☆
 萌 ★★☆☆☆
 素 ★★★★☆
 変 ★★★★☆
 総 ★★★☆☆


今日のあすかショー 2 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。