トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  漫画  >  コギト、エルゴ、スム。~『しゅごキャラ!』

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

コギト、エルゴ、スム。~『しゅごキャラ!』

2011年11月14日

一年近く放置してしまいました。
どうやら夜明さんの固有結界「時の学帽(ヴァニシング・ヴィジョン)」が発動したようです。

あっ。今更ですがPEACH-PIT女史の『しゅごキャラ!』を読み終えました。

初見では、よくある低年齢層向け変身少女モノの一つだと思っていたのですが…いやぁ、見事にしてやられたって感じですよ…。

しゅごキャラ!(12) <完> (講談社コミックスなかよし)
主人公の日奈森 亜夢(ひなもり あむ)は小学5年生。
「クール&スパイシー」な女の子としてクラスメイトからは一目置かれているが
本当のあむは人見知りで素直になれないだけのごく普通の女の子。
「なりたい自分になれないよ…」と悶々としていたある朝、目を覚ますと
目の前に3つの不思議な玉子が現れて…というのがお話の始まり。

あむの前に現れた玉子の中身は「こうだったらいいのにな」という
自分の個性や隠れた才能を司る3人の妖精(運動が得意で元気いっぱいのラン、芸術家肌のミキ、料理やお裁縫が得意で甘えん坊のスゥ)こそが「しゅごキャラ」なのですが
あむを始めとした、しゅごキャラの加護を受けた登場人物たちは理想とする自分、さらなる才能を開花させた自分に
(一時的な)変身をして成長するのです。

とまぁ、物語の伏線やお楽しみ的な部分で自らの正体を隠しつつ
別人格、異なる容姿を持った者へと変身して使命を全うする従来の変身少女、変身ヒーローとの違いは
あくまでも「普段は表に出ない(精神的・肉体的な何かが楔となって表に現せない)自分」をベースに運命を切り開くところなのです。

変身。
それは昨日までの自分に「おやすみ」と「さよなら、またあした」を繰り返しながら
今はまだ想像もつかないくらい、変化した新しい自分にハローって呼びかけること。
この作品での『変身』はもっと根源的な意味での『成長』と言い換えても良いかもしれませんねぇ。

余談ですが『カードキャプターさくら』といい、この『しゅごキャラ!』といい
『なかよし』の魔法少女枠はキチッと王道を踏んでくれるおかげで読み手の涙腺もいじくりたおしてくれますな…。
それとも私が単純に歳を(強制終了)

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。