トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >    >  お塩伝説終了のお知らせ

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

お塩伝説終了のお知らせ

2009年08月05日

一昨日、友人であり「夜明ちゃんのメッセ相談室」常連の目玉のお姉さん(仮称)とのメッセンジャーでこんな話が。

「押尾学逮捕」

詳細は各種ネットニュースに任せますが、ちょっと大事なメールの返信もすっぽかすほど盛り上がってしまいました。



押尾学と言えば比類なきロックバンド・LIVのボーカル兼リーダーであると同時に
ビッグマウスと数字が苦手なことから「お塩先生」と呼び親しまれるほど有名な方です。

ちなみにLIVが主題歌を担当し、お塩先生が直々に主人公の声を充てたアクションゲーム『カオスレギオン』では
先生のポテンシャルが遺憾なく発揮され、セールスにも多大なる影響を及ぼしました。(多分)

やべえ、なんか今更ファンになりそうって方は「お塩先生語録」も参照されると幸せになれると思います。
かく言う私も「お塩先生」ファンでした。

そういった感じで、何かとスキャンダラスな先生のことですから
今回の逮捕状請求の際のコメントにもかなり期待していたのですが
「違法なものとは知らずに使用した」
という先生らしからぬハートの小さな言い訳に些かガッカリしましたが
そこは「女を目と口でオトす」ほどの先生、ロックで世界を掌握せんためのカムバックの前段階と捉えましょう。
しかし、お塩先生のあのカリスマ性(笑)もMDMAのドーピングによるものだったと思うと正直ガッカリです。

ガッカリはしましたが某巨大掲示板のニュー速、芸速、芸ニュなど複数のサーバーをダウンさせたのはお塩先生がお塩先生たる所以。
伝説はまだ死なず、です。

『靴下に永久欠番』ではお塩先生が復帰しようがしなかろうがひっそりと応援しています。

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

押尾学語録 その2

お塩先生の押尾語録その2だよ。どこまで本当かな~??「最高の俺は他人は当然、俺自身も超えられない」「『何故俺はロックなのか?』それは俺がロックだったからさ」「ロックをやっている時の俺はここではないどこかにいる」「俺の音楽にロックを感じない奴は二度とロック...
That's 一言tainment: 2009年08月05日

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。