トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  漫画  >  漫画備忘6・買っておいてたのとか最近読んだのとか

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

漫画備忘6・買っておいてたのとか最近読んだのとか

2009年07月19日

備忘録を「備忘録」とそのまま変換するほど大層でもないし、実を言うと
アウトサイダー系中二病ブログの『靴下に永久欠番』的にはなんか面白くないしってことで何となく「備忘6」としてみたものの
「6」って言っちゃったら6個、それについて語らないと駄目くせえなと思ったので、家の本棚から適当に6冊選んでみました。
もっとじっくり語りたいやつとかも含めてしまってちょっと後悔。
まーいっか。



 『サマヨイザクラ 上・下(完結)』郷田マモラ

サマヨイザクラ裁判員制度の光と闇 上 (アクションコミックス)

サマヨイザクラ裁判員制度の光と闇 下 (2) (アクションコミックス)



裁判員制度の光と闇を描いた作品。
人が人を裁くということ、人々の思惑、連続殺人、オタク、冤罪…。
文章(解説やセリフ)も多く、色々なエレメントが詰め込まれている割にうまく纏めてあって読みやすかったです。
「裁判員って一体何すんの?」という入門書にもいいかも。
劇中劇「フォレスト・ガール」はスピンアウト連載&アニメ化を所望する!
あ、この漫画、5月末にフジテレビで2時間ドラマ化されてましたがそちらはかなり微妙でした。
主人公=オタク→伊藤淳史って時点で違うんだよ…。


 総 ★★★☆☆



 『ミスミソウ 3(完結)』押切蓮介

ミスミソウ 3 (ぶんか社コミックス ホラーMシリーズ)

都会から雪深い廃校間近の中学に転校してきた美少女・春花。
いじめの果てに愛する家族を燃やし、大切な妹を重体に追い込んだクラスメートたちへの凄惨な復讐劇も大詰め。
誰かの何気ない行動が他の誰かを傷つけ、狂わせ、壊してしまう。
少しのボタンの掛け違いから始まった悪意の連鎖の果てには一片の救いも無いけれど
この結末以外では納得いかないと読者に思わせる説得力がある。
作者の本気を見た。
本編では見られなかった表紙の主人公の微笑みが悲しくも美しいのだ。


総 ★★★★★



 『銭ゲバ 上・下(完結)』ジョージ秋山

銭ゲバ 上 (幻冬舎文庫 し 20-4)

銭ゲバ 下 (2) (幻冬舎文庫 し 20-5)

金が人を救い、金が人を殺す。
愛に近いものは金で買えるが、真の愛は金で買えない。
人間は金で狂う。
幼い頃に貧乏のせいで最愛の母を亡くし、大人になって「銭ゲバ」と化した主人公は公害を撒き散らしたり権力で人を操り、時に抹殺したりと悪行の限りを尽くすけれど
彼自身が「本当の悪」とは言い切れない部分も有った。
ラストで主人公が自分の身の振り方に答えを出した直後、ページいっぱいにこんな文句が描かれます。

「そうだ てめえたちゃみんな銭ゲバと同じだ もっとくさってるかもしれねえな それを証拠にゃいけしゃあしゃあと生きてられるじゃねえか」

これが作中のルポライターの言葉か、主人公の魂の叫びなのか、作者の言葉かは分からないけれど、グサッと来ました。


 総 ★★★★☆



 『脳R(ノアール)ギュル - 脳或公使』トミイマサコ・夢野久作・佐藤大

脳Rギュル-脳或公使 (IKKI COMIX)

正直、表紙と夢野久作の名前で買った。
初見では「夢野久作の名前を汚すな!」と思ったけれど何度か読み込むうちにコレはコレで面白いなと。
第零話の副題が「アヤカシの鼓」、第一話「瓶詰ジゴク」などその他随所にオマージュが盛り込まれている。
スチームパンク×大正浪漫×妄想電波なストーリー。
って書くとダウナー系のように思えるけれど実は真っ当な冒険活劇。
ガガガ文庫版の方もトミイ女史の挿絵にしてほしかったなぁ。


 総 ★★★☆☆



 『天体戦士サンレッド 1』くぼたまこと

天体戦士サンレッド 1 (ヤングガンガンコミックス)

ヒーローvs悪の組織in川崎という体裁でお送りする生活の知恵満載、ご近所付き合い応援バラエティ。
サンレッド(ヒーローという名のヒモ)との対決にも事前にアポイントメントを取り、今後もお付き合い(=対決)していただく為なら引っ越しの手伝いにも怪人たちを連れ立って出向き
たまに子供を誘拐しても母親にきちんと連絡を入れ、手作りハンバーグとバンズの手土産を持たせるという
ヴァンプ将軍(悪の組織の人)の大胆かつ繊細な心遣いはもう尊敬の域。
あと、怪人のフォルムとか好きな人にもお勧めかもしれない。
蛾怪人とイカ怪人がかわいいの。
ちなみにメガテン3で好きな悪魔もモスマンです。って聞いてねえ。


 総 ★★★☆☆



 『魔砲使い黒姫 16』片倉・M・狼組・政憲

魔砲使い黒姫 16 (ジャンプコミックス)

月ジャン→ジャンプSQ. webで連載中の漫画。
魔法を銃弾に込めて発動させる(それ何て魔弾銃?という突っ込みはスルー)魔導士=魔砲使いの中でも最強にして最悪の美魔女・黒姫が活躍する物語。
実は愛に溢れたお話なのです。
単行本の出るペースもやや遅めで、ストーリー的には過去にタイムスリップしてあーだこーだという良くない展開ですがどうしても追い掛けてしまう漫画。
作者の心意気と黒姫のコスプレとおっぱい…ではなく美貌の為に単行本買ってます。
何だかんだ言って王道の少年漫画してて好きな作品なのだ。


 総 ★★★☆☆

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。