FC2ブログ

トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  音楽  >  病み上がりにつける薬-Heavy Metal-

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

病み上がりにつける薬-Heavy Metal-

2008年04月14日

3/31(月)にまたまた西九条ブランニューへWill O' The Wispのライヴを観に行ってまいりました。

同行する予定だった後輩は風邪をこじらせてしまったのは残念でしたが、今回は友人と参戦しましたよ。
かく言う私もこの数日前まで風邪をひいていたわけでして。
一発目は前回ボーカルさんのノドの調子がよろしくなかったGun Cloud。
今回は歌も声もすごくクリアに聞こえてきました。
演奏もそれに応えるようにパワフル!
日本語メタルはいいなあ。
私も金縛りに遭った際には「~ヌンッ!」で乗り切ろうと思います。
メンバーさんたちの人柄のにじみ出るトークがなかなか良かったです。

続きますはお目当てのWill O' The Wisp。
先日チケットを受け取った時に「3月から構成を変えます」と聞いていたとおり
MCを挟まず次の曲に移るというスタイルは面白かったです。
Willは楽曲の世界観を追求したいそうなので今回の試みには、なるほどと思いました。
素人が聴く分にですけど私が今まで参戦した中でいちばん良いライヴだったんじゃないでしょうか。
でも当事者にしてみればライヴというものは反省の連続なのかもしれませんね。
高みを目指して研鑽を重ねるのは良いこと。
応援しております。

3バンド目は前回途中退場したため観られなかったScreaming Demon。
紋様風メイクが印象的なボーカルの方を始め邪教っぽい感じ。
入場から退場まで計算されたライヴ構成と完成された世界観が素晴らしかったです。
儀式(演奏)で人間ども(客)の生気を吸い取った(煽った)後は包帯ぐるぐるの人やゾンビたち=メンバーが土に還る(ハケる)という流れでした。

ラストは風里銃(フーリガン)。
おおお、何やら女性たちが前に集まっていく。
入場曲がTRFの『OVERNIGHT SENSATION』です。
風里銃も日本語を聴かせるバンドなんですが、最初のGun Cloudとは違ったPOPさがあるんですよね。
手数の多いドラム、超絶テクのギター、地に足のついたベース、楽しそうに歌い上げるボーカルの姿にキラリと光る何かを見ました。

しかもこのバンド、4/12に行われたSEX MACHINEGUNSの全県ツアー『全国大会』in 滋賀の前座を勤めたという!
なるほど、女性たちによる激しいヘッドバンギング&振り付けはマシンガンズに通ずるものがありますな。
あと、笑わせるMCも。
余談ですがヘドバン隊の後ろに鎮座在しておりました私の元へは
定期的に女性たちの髪の香りのデオドラントが送り届けられていました。
すごい風圧、そしていい匂い!

今回は頭の先から足の先までじっくり楽しめ、ホクホク顔でブランニューを後にしました。

晩御飯には友人の案内で梅田のお初天神にある老舗のお蕎麦を。
噛むとじんわり広がる柚子の薫りが上品で美味しゅうございました。
なるほど、これは誰かに紹介したくなる味だ。


次回は4/25(金)。
名古屋からの刺客・Candy Drugerが再臨するそーです。超楽しみ!

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。