トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >    >  だからスポーツは嫌いなんだ

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

だからスポーツは嫌いなんだ

2009年03月25日

(タイトルに不快感をもたれた方はスルーして下さい)




野球と政治の話題ほど不毛なものはないと思います。

侍ジャ○ン(敢えて伏せ字にしますよ)の頑張りは純粋に賞賛しますが…
TVなどで「仕事よりもこっちです(キラン☆)」って言っていた人たち、恥ずかしくないの?
スポーツ教信者、いやスポーツ狂信者は自分が仕事より大事らしいスポーツ観戦を優先させることで
その職場の作業能率は下がり、少なからず損害が発生するであろう事態を予測出来ないのでしょうか。

そしてスポーツはA対Bの関係である限り、信者は自分の支持する選手やチームに敵対する者に
くだらない大義名分のもと罵声を浴びせることをよしとする姿勢が正直、気持ち悪いです。

特に顕著な例があらゆる競技における日本対半島、プロ野球におけるG対Tの関係がそれに当たるでしょう。

互いを思いつく限りの汚い言葉でこき下ろし、望まぬ結果が出た際には「今日は○○の調子が悪かった」だのと苦しい言い訳をする。
ここで重要なのは、望まぬ結果を出してしまったのは選手やチーム自身であって、応援する「だけの」人は実際何もしてません。

結果を出した選手たちの大部分は自分の不甲斐なさを悔やむことはあっても
「あんなー、ちゃうねん、聞いてぇな」と親に叱られたガキのような言い訳はしません。
釈明したところで結果が覆るはずもなく、明日の試合に生かせる訳もないことを
彼らは今までの競技経験から骨身にしみて理解しているからです。

信者様方にお伝えしたいのは大概のスポーツは、サポーターの声援「も有って」アスリートが結果を残せたのであって
サポーターの声援「が有ったからこそ」アスリートが結果を残せたわけではないのです。

そしてスポーツは選手が、応援者が紳士淑女としての振る舞いを試される社交会場でもあります。
社交界に罵詈雑言は必要ありません。
相手を汚い言葉で罵るのはladies & gentlemenに非ず。
「自分は別に紳士(淑女)じゃないから心置きなく汚い言葉を使うぜ!」という人も居るでしょう。
でもその言葉遣いで自分のファンが試合相手を貶すことを、あなたの好きな選手が少しでも望みましたか?
目の上に付いているものはしょうもないことにしか働かない安物の人工知能か何かですか?

応援は試合への情熱を高める調味料にはなっても、それだけがエネルギー源になることはありません。
ですが加える調味料の選別、配分を間違えると素材の良い料理もただゴミになります。

どんなに高潔な魂のぶつかり合いもあなたたちの振る舞いひとつで
下らないお遊戯に貶められる可能性もあることを充分に理解していただきたい。


って言うのも信者様方はご自分の都合の良い部分だけしか聞き入れてくれねーんだろーなー

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。