FC2ブログ

トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  映画  >  映画『ボーイズ・オン・ザ・ラン』によせて

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

映画『ボーイズ・オン・ザ・ラン』によせて

2008年11月17日

少し前にこの靴下でも取り上げた花沢健吾氏原作の『ボーイズ・オン・ザ・ラン』が映画になり来年初秋に劇場公開されるようです。
(ソースはビッグコミックスピリッツ誌上、銀杏BOYZ公式HP)

原作は弱虫毛虫いくじなしの駄目人間である主人公がいくつもの壁にぶち当たりながらもがむしゃらに疾走するストーリーであり
その半径5メートル内で展開されるドラマは映画、特にミニシアターでの上映作品にはもってこいでしょうが、本当にそれでいいのかと。
改めて告白するのはちょっと恥ずかしかったりしますが
私は『ボーイズ・オン・ザ・ラン』も銀杏BOYZやそのボーカル峯田氏も好きです。

峯田氏にはバンドマンとしても俳優としてもある種の存在感があります。
彼自身も原作ファンだと公言していますが、やはりそれとこれとは別。
彼と主人公・田西が結びつかない気がするのです。

誤解なさらないでいただきたいのは、私は花沢氏の作品を否定する訳ではなく
原作の主人公・田西を峯田和伸が演じきれるか心配なんです。

まだ情報が少ないので仕方ないんですが諸々のネットニュースでは「峯田がサラリーマン役」ばかりがフィーチャーされてます。
ただ、話題にはなっても正直、無理だろ。
個人的にはハナは出てくれるのか、配役は誰かとか
名悪役・青山とアンチヒロイン・ちはるのキャスティングも気になるところ。

田西に彼のようなカリスマ性はありません。
田西というキャラは、中学でも高校でもそんなに目立たないグループに何となくいた、そんな奴。

峯田氏が銀杏BOYZのボーカルである限り「元ゴイステで、今は銀杏の」という評価が付いて回ります。

峯田氏が自分の持つカリスマを消せるかどうかがこの映画の命運を握っているのではないかと。

例えば、歴代の仮面ライダー(特に平成版)を演じた男優たちは元仮面ライダーではあっても
「ライダーの中の人」というポジションを捨て、一人の男優へと成長しました。
(演技力という意味ではなく、一般的なイメージとして)

峯田もどうせ演じるんならそれぐらいの役者魂、見せてくれよな。

そしてこれからも映画に出るのなら、そろそろ「銀杏BOYZの峯田和伸」という枠から飛び出てくれることを願うばかりです。

このページのトップに戻る

コメント

トモロヲさんみたくなるか、
町蔵みたくなるかのどっちかやなあ。

あと、コメント書くの面倒になったなー。

コメントの編集

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。