FC2ブログ

トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  音楽  >  がくっぽくないど

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

がくっぽくないど

2008年08月26日

先日、VOCALOIDシリーズ『がくっぽいど』で製作された曲を耳にしました。
感想は「全然Gacktちゃうやん!」

がくっぽいど
ボーカロイドというのは音声合成エンジンで、ユーザーが打ち込んだ旋律に沿って、疑似音声が歌い上げてくれるものです。

いちばんの有名どころは『初音ミク』でミクの前身に『MEIKO』(女性)、『KAITO』(男性)、ミクの後継として男女ツインボーカルの『鏡音リン・レン』があり
先月にはGackt型ボーカロイドの『がくっぽいど』が発売されました。

Gacktの協力のもとに音声データを取っているので、打ち込みスキル次第ではGacktさながらに歌ってくれるはずなのに、何故そうならないのか。
答えは簡単。
Gacktというボーカリスト及びそのスタイルが既に確立・認知されてしまっているから。

初音ミクは新人声優の音声データをベースにした、認知されていないという意味では新しいキャラクターです。
息継ぎやビブラートなど、細かい部分まで「生きた」アイドルを再現させる仕様と
パッケージイラストの可愛さも相まって爆発的に普及しました。

対してがくっぽいどは先に言ったとおりGacktをベースにしたボーカロイドで
なかなか単行本が出ない『ベルセルク』の三浦建太郎画伯による雅な侍(神威がくぽ、と名付けられているそう)といった風情のイラストです。

Gacktといえば、クドいというかある種の凄みのある歌声が売りのはずですが
がくっぽいどは毒抜きされた感じで、何だか爽やかささえ感じます。

明確なモデルの存在するキャラクターを全面に押し出されてしまうと比較するなという方が却って無理ってものでして…。
それともよく指導されたがくっぽいどの楽曲を私が知らないだけか。

このモヤモヤ感が消えるにはもう少々時間を要しそうです。
素敵がくっぽいどがあれば教えてくださいー。

あ、ちなみに私、Gacktファンではありませーん。

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。