トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  ゲーム  >  花籠いっぱいの愛を!~『サフィズムの舷窓~an epic~』

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

花籠いっぱいの愛を!~『サフィズムの舷窓~an epic~』

2008年05月19日

数年前から気になっていながらもなかなか手が出せなかった
早すぎた百合ゲー『サフィズムの舷窓~an epic~』(ライアーソフト製)を手に入れました。
ソフマップでも多少プレミアついてたけど気にしない!

サフィズムの舷窓 ~an epic~


この作品は2001年に発売された『サフィズムの舷窓』にシステムの微調整とCGとテキストの追加を為したものです。
内容を分かりやすく言うならば、宝塚+ウテナ+掛け合い+美少女+謎解き+恋愛=サフィズムって感じですかね。
「萌え」も「燃え」もありのラブロマンスと優雅な学園生活を楽しめます。
舞台は令嬢たちの学園・超巨大豪華客船「Hunging Basket Polar-star」。
主人公は日仏ハーフで自他ともに認めるレズビアンであり男装の麗人、杏里・アンリエット。
成績も素行(女癖)も悪い杏里は学内で起きた連続レイプ事件の嫌疑をかけられ
3週間以内に真犯人を見つけられなければ退学の憂き目に遭う。
しかし「美少女は世界の宝だ!」と触れ回る杏里にとって
退学=学園の乙女たちとのフラグ成立不能であり絶対にあってはならぬこと。
天才と称される友人の天京院 鼎(てんきょういんかなえ)に探偵役を任せ、自身は情報集めに集中することになる。
天京院曰く「犯人の次のターゲットは3人」。
杏里は個性の異なる3人の美少女とお近づきになりつつ彼女たちを守れるか?
また、犯人を見つけられるのか?
6人の子猫ちゃん(恋人たち)の手を借りつつ愛の使者、杏里・アンリエットが奔走する…!


と、筋書きはややシリアス?でも基本は子猫ちゃんや3人の女の子とイチャイチャラブラブがメイン。

このゲームの見どころは…たくさんありすぎて書ききれません!

まず舞台のH.B.P.がすごい。
各国の富豪や貴族の子女を集めたこの学園には教室や生徒個室や図書室はもちろん
プール(ギリシャ建築風!)やサウナ、各地のありとあらゆる名産が手に入る買い物通り、乗馬用コース、時計台まであるという贅の限りを尽くしたもの。
世界中の選ばれた少女たちを乗せた洋上の花籠というだけでもエロゲーとして満点なのに
不必要なまでに細かい設定がユーザーをひきつけまくります。
ワオ、トレビアーン!

そう、ゲーム内容の話をしましょう。
粗筋は上述ですが、最初に犯人の次のターゲットになる女の子の中から一人を選び
その子の護衛を兼ねて親睦を深めつつ犯人に繋がるヒントを探していきます。
最初に選ぶ女の子によってオチがガラッと変わるのも面白いです。
ある女の子のお話では味方をしてくれた人が、別の子のお話では全く違う立ち回りをしていて飽きることなく読み進めることができました。

あとは物語の端々で語られる子猫ちゃん(杏里の愛人)たちの事情なども面白い。
見た目も経歴も全く違う子猫ちゃんたちが奔放な杏里を愛する理由も様々で、百合好きな人も大満足の描写がされています。

原画は『狼と香辛料』『くじびきアンバランス』(ともにコミック版)で活躍中の小梅けいとさんによる、少女漫画風で女の子も取っつきやすいCG。
肉感的な絵ではないのでエロ度控えめ◎

そして3人の女の子たちのシナリオ全てで良い調査結果を残せると
子猫ちゃんたちを含めた登場人物ひとりひとりにスポットを当てたおまけシナリオが読めるようになります。

キャラクター的にもシナリオ的にも良いゲームだとは思うのですが発売が早すぎた。

女の子同士がイチャイチャするゲーム『処女はお姉様に恋してる』なんて企画されているわけもなく
それ以前に「百合」「ガールズラブ」の呼称を世にしらしめた『マリア様がみてる』も
まだまだ一部のマニアが読むラノベだった頃です。

本当にエロなしでもすごくいいゲームだと思うのでぜひ家庭用に移植してくれ!という同志達の声をネットで見かけましたが
レイプ事件を題材にしているために難しいのでしょう…。
色々な意味ですごく勿体ない。

『サフィズムの~』に関してはまだまだ語り足りないので評価などは次回に続くっ

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。